脱毛症の治療・発毛ケアは【脱毛症.jp】

脱毛症の原因

  • HOME »
  • 脱毛症の原因

脱毛症の原因は自分では分かりません!
医学書では円形脱毛症さえも、未だに「原因が分からない」と書いてあります。
ですから西洋医学では治療法がなく治せません。
しかし安心してください。原因も治療法も実はあります。
ワールドサイエンスの理学育毛発毛法でほとんどは改善できます。

毛髪検査と発毛アドバイスをお受けください
あなたの脱毛原因を解明し発毛アドバイスをして回復致します。

「今後の発毛予想結果をお知らせします。」

真実のことを知りましょう。「たった一本の育毛剤発毛剤で髪は生えてくることはない」ということを!
脱毛症の改善は皆さんや医療界、一般の育毛サロンや美容室で行っているほど単純ではありません。
薬で治すと言う西洋医学的な考えでは発毛に至る事はないでしょう。

事実、西洋医学が主流の医学界で癌は克服するどころか癌で死んでいく人は増える一方です。
お金儲けでやっているとしか思えないような医師のプロペシアの販売、製薬会社の育毛剤、大きな疑念に包まれています。

理学育毛発毛による真実で確かな発毛法、毛髪検査から育毛発毛のお手当をアドバイス致します。

ワールドサイエンスでは40年の研究により発毛を実証してきました。毛髪研究はきっと皆様のお役に立てることでしょう。

毛髪検査、育毛発毛アドバイスは、「初回、一切無料」です。
脱毛の不安をまず解消して頂くための、無料の毛髪検査システムです。

脱毛症は決して治せないものではありません。

原因が分かれば理学育毛では改善は容易なのです。

脱毛症は、髪が知らせる健康のバロメーター

脱毛症を恐れるより、脱毛は大変に危険な病気の前兆を知らせているのです。

睡眠がいかに重要か

夜型生活は今、小学生までに広がっています。

中高一貫教育を受けたい、名門大学までの小学生受験で、幼稚園の時から進学勉強と塾通い、お稽古ごとと、
子供らしい遊びの時間はなく自然の中で遊ぶことが許されない歪んだ生活。
家に帰っても親は教師のように勉強を執拗にさせます。
こうした神経の緊張状態の生活が強いストレスを生み、心身に影響を及ぼすことは明らかです。
睡眠は細胞の修復と毛母細胞の活性を促します。人間は機械ではありません。
早寝早起きは育毛の基本、健康の基本と覚えてください。

脱毛症は親のせいではありません、とはたして言えるのでしょうか!?

脱毛症になって訪れる中高生、小学生でも感性の鋭い子は脱毛症は親のせいと、親に対して怒りをぶつける場合がありますが、脱毛になる原因を親は知っておくべきです。
知っていなければいつか脱毛症になる危険がつきまといます。
いづれにしましても異常脱毛があれば早急に来て、毛髪検査とヘアカウンセリング゛を受けて、理学育毛発毛手当をはじめれば全て良い方向に改善していきます。
脱毛症は親子関係までも危ういものにします。
心の傷にならないうちに早く手当をすることが重要です。

免疫力と脱毛症

低体温体質や栄養の偏り、色々な要因から免疫力の低下を招いていますと、脱毛症の一つの原因となります。

体質が大きく関係しています。

脱毛症体質があります。
生活リズム,食生活の偏り、虚弱体質、好き嫌いが多い食生活、太ることを過剰に意識するあまり栄養バランスを考えない食事、頭皮を清潔にしない生活、化学物質に無頓着で合成香料が好きな人、いつも薄着や冷たいものを好んで飲食している、すぐに痛み止めの湿布や頭痛薬を飲む人こういうタイプの方は脱毛症タイプです。

知らずにうちに日本人は脱毛症に蝕まれています。

脱毛症の原因はいたるところにあります。
抜け毛が異常な量があったらまずは毛髪検査を受けましょう。
危険な脱毛症の原因をお知らせします。

生活パターンの変化 夜型生活と食生活の変化!

自然の摂理に反する生き方はどうなるのでしょうか?
不規則な生活、深夜にいつも起きていたり仕事をする生活、もちろん健康にも良くないですが夜型生活は一つの脱毛原因なりますです。また、起床も不規則になると自律神経の疲れが出やすくなります。
人間の身体は恒常性があってホルモンや自律神経のバランスも円滑に行われます。
体調を崩す原因、脱毛症になる原因はこんなところから出てくるものなのです。

食生活の変化!牛肉や乳製品の多食や砂糖の摂りすぎが引き起こす脱毛症

まさかと思う原因ですが、脱毛症が病気と考えている人には、こうした原因が脱毛症大きく関係するとは思ってみないでしょう。
しかし高脂肪高カロリー、高タンパク食は成人病の原因ですが、健康を害する食生活をしていれば脱毛症の原因の一つとなります。
毛母細胞に十分な血液や酸素が行かなければ毛母細胞が退化するか死んでしまいます。
実際、脱毛根を見ると毛根の周りに脂肪や老廃物が纏わり付いています。

また、砂糖は強酸性食品ですので、体からカルシウムを奪ってしまいます。カルシウムは神経伝達物質の役目をしますから、欠乏するとイライラや不眠症、骨粗鬆症になります。
さらに免疫力の低下をもたらすものなので、砂糖の摂りすぎは感染症に掛かりやすくなります。
特に皮膚の正常菌叢のバランスを壊しますので脱毛症の要因の一つになります。

甘いもの大好き生活 ケーキやプリン、カルピス、スポーツドリンク、清涼飲料水

砂糖は使用量に比例して免疫力を低下させ、清涼飲料水は量に限らず免疫力をゼロにするといいます。
砂糖は大変に危険な化学物質と思いましょう。
甘いものは極力、食べたり飲んだりしないようにしましょう。

危険な食用油脂 ラード、ヘッド、酸化した油や水素添加したマーガリンとケーキやチョコレートに使用している硬化油

血液をドロドロにします。そして硬化油は身体の中では分解しないので、細胞膜を破壊します。酸化した油は細胞まくを破壊する怖れがあります。
育毛や発毛に大変な悪影響があると考えられます。

カップラーメンや冷凍食品、コンビニ弁当の生活は

食品添加物の入っている食品は極力食べないようにしましよう。
身体に大切なミネラルが排泄されてしまいます。ミネラルが不足するとホルモン分泌が損なわれます。
調味料アミノ酸は化学調味料ですが摂取するとアレルギーが起きるといわれています。
食品添加物は腸内細菌の悪玉菌を増やし、皮膚の正常な働きを阻害します。

化学物質や薬による脱毛症が増えている。

化学がなんでもつくれる、出来るという化学崇拝、万能のような考えが危険な化学物質を造りだしている。
人間の体に使ってはいけないものを無視して、利益追求優先の元、化学物質が蔓延し人間の体を蝕んでいます。

化学製造の合成シャンプー剤による脱毛が増えている。
強力な脱脂作用と殺菌作用があり、市販されているものは防腐剤や香料、安定剤など全て化学物質のものの合成シャンプーです。細胞膜を破壊する怖れがあります。
身体や頭皮にたいするダメージは大変に大きく危険です。
みじかな痛み止めが脱毛を助長する。
痛みや発熱に異常に弱いというか過剰に反応する人が増え、医師の診断を受けるよりも自分ですぐに解熱剤や痛み止め、風邪薬を服用しています。
この薬の副作用は危険なものなのですが、安易に服用している方が多いようです。
免疫力の低下、低体温体質にするものなので薄毛や脱毛症の要因になります。
パーマ毛染め、ストレートパーマ
「チオグリコール酸アンモニウム」や、「臭素酸ナトリウム(ブロム酸ナトリウム)」がパーマ液やストレートパーマの化学成分ですが、いずれも劇薬に指定されているものです。
チオグリコール酸アンモニウムは規定の放置時間をオーバーして、頭皮や髪に付けたままにしますと髪はボロボロになり、頭皮は化学火傷を起こします。
付着時間が長いほど頭皮や髪に対する被害が甚大となり、皮膚はただれ激しい痛みが襲います。そして脱毛します。
毛根までも大きなダメージを受ければ回復が出来なくなります。
毛染めに使用されているジアミンは劇薬指定成分です。しかも発癌性があるものです。
頭皮にカブレを起こすことがあり、脱毛原因の成分です。
アナフィラルキシーショクを起こすと呼吸不全となり死に至る怖れもある危険な成分です。

身体の変調からの産後脱毛症について

ホルモンバランスの乱れや、身体の疲れ、神経の疲れから自律神経のバランスを崩したり、育児ストレス、不眠症、無理なダイエットなど出産後の異常脱毛は身体の変調がもたらすことが多く、十分な睡眠と休養、そして栄養を摂って体力の回復をしましょう。
いつまでも続く多くの抜け毛があるときは毛髪検査を受けましょう。

PAGETOP
Copyright (C)ワールドサイエンス All Rights Reserved.