脱毛症の治療・発毛ケアは【脱毛症.jp】

脱毛症の対処法

  • HOME »
  • 脱毛症の対処法

40年の発毛実績が信頼の証し。正しい理学育毛発毛法は健康を害する事はありません。

脱毛症を早く何とかしようと正しい情報もないままに、安易に手を出すことは大変に危険です。

危険な化学物質の作用がある育毛剤や発毛剤があります。角質を溶かしたり、頭皮にダメージを与える危険な育毛技法があります

脱毛症の手当は五つの方向から考えましょう。

一、頭皮の育毛環境を整える
細菌性が原因の場合は頭皮の育毛環境を整えるために、悪玉細菌の増殖を抑える処置をします。頭皮の常在細菌は皮膚を守る働きもあります。
頭皮のフケ菌を殺す化学薬品の殺菌剤の成分は環境ホルモン作用も疑われていますが、良い細菌のバランスを壊すことになり良くありません。

抗真菌(抗カビ)成分ミコナゾール硝酸塩と抗酸化・殺菌成分オクトピロックス(R)は常時使用すれば頭皮の常在細菌のバランスを崩します。
殺菌成分は自然環境に悪影響が出る環境ホルモン作用が今までもありました。
薬用というものは化学物質が入っていますので、体に化学物質が浸透していきます。
化学物質は自然に排泄されず体に蓄積されます。化学物質過敏症になります。

頭皮を清潔にすることは大切ですが、合成シャンプーによる洗い過ぎや皮脂の取り過ぎに注意しましょう。
合成シャンプーは細胞膜を溶かす大変に危険なものです。育毛発毛を阻害して、脱毛原因になるものです。

二、毛髪のための食生活
無理なダイエットや良質なタンパク質を取らない偏った食生活をしていますと、脱毛原因となります。バランスのとれた食事をしましょう。
毛髪の栄養はレバーや魚介類を中心として、イカやタコ、貝などのタウリンをしっかり取りましょう。
豆類や大豆イソフラボンも皮膚の組成に貢献します。無調性の豆乳を飲むことをお薦めします。
牛肉や牛脂は育毛のためには良くありません。
ミネラルの豊富な海藻や緑黄色野菜の摂取も重要です。
お酢は身体をアルカリ性にし、血液を綺麗にします。ぜひ摂りましょう。
酸化した油や水素添加のマーガリンや硬化油は決して摂取しないようにしましょう。 午後9時以降の食事は止めましょう。朝食は必ず摂るようにしましょう。

三、ストレスや神経(自律神経を含める)
過剰なストレスや神経消耗の緩和をしましょう。
神経消耗は自律神経のバランスを乱し胃酸の分泌を多くしたりホルモンバランスにも影響を与えます。
白血球の顆粒球は、強いストレスによって過剰に増産されて上皮細胞を破壊し、毛母細胞にダメージを与える怖れがあると考えられます。 午後9時以降のパソコンやテレビゲームは止めましょう。

四、育毛発毛のために低体温体質を改善しましょう。
基礎体温が低いと言うことは身体のエネルギーが少ないということです。
毛母細胞の活性が悪いということを意味しています。
リンパの流れや働きも悪く老廃物の排泄が悪いということでもあります。
毎日の入浴はとても大切です。
砂糖や清涼飲料水などの身体を冷やすものを飲まないようにしましょう。
喫煙も良くありません。
痛み止めや湿布薬、風邪薬、解熱剤などは常用しないようにしましょう。

五、夜型生活は脱毛原因の一つになる怖れがあります。育毛発毛のため健康のために朝型の生活にしましょう。
成長ホルモンの分泌は発毛に欠かせないものです。
成長ホルモンは熟睡の時に多く分泌されますので、午後10時には寝るようにしましょう。
いつも午前6時の起床にして、自律神経の交感神経のスイッチを入れるようにしましょう。基礎代謝が上がります。

発毛を阻害するものが色々とあります。それらを改善しなければ育毛、発毛処置の成果が上がりません。

喫煙は育毛発毛に大変に悪く、自分が吸わなくても副流煙でも良くありません。
活性酸素が身体の中に多く発生し細胞破壊を起こすと同時に血流も悪くします。

蒸れるウィッグ(かつら)や貼り付けるかつらは脱毛原因です。

薄毛や脱毛症、白髪隠しなどで常時ウィッグを使用するときは、ワールドサイエンスの育毛用のウィッグにしましょう。
蒸れるウィッグは皮膚呼吸を妨げますから脱毛原因になります。
また貼り付けるかつらは髪を抜いてしまいますから使用してはいけません。
ワールドサイエンスのウィッグは育毛や発毛を阻害しないように通気性があり、ゴムで締め付けることもありません。
育毛を阻害しないように色々な技術が考案されています。

付け毛をするときは、長期間付けたままにせず頭皮を清潔にしましょう。

蒸れるウィッグやかつらを不潔にしますと、カビが発生して細菌性の脱毛症になる恐れがあります。必ず月に一度は滅菌処理のステーリズトリートメントをワールドサイエンスで行いましょう。

合成シャンプー剤の使用は育毛発毛を大きく阻害します。石油合成シャンプーでウィッグを洗いますと、髪の中に浸透したシャンプー剤により、毛母細胞を破壊する恐れがあります。
ウィッグは一週間に一度は洗い、使用した後は、ウィッグの裏側の汗や皮脂をよく拭き取りましょう。

毛母細胞を活性化する正しい育毛発毛ケア技法とは

毛母細胞が正常に細胞分裂を行うことが発毛ということです。
異常な脱毛症の毛根は、毛母細胞が正常に働いていないことを示しています。
毛根が欠けていたり、毛根が見当たらなかったり、異常に先細りしていたり、変形しています。
毛母細胞に異常が出ていれば毛根活性が出来るように、頭皮の改善を行うことが正しい育毛発毛ケアです。

ヘッドデトックス

毛根の老発物や汚れ、余分な皮脂、細菌などを除去して血流改善や頭皮ストレスを取る技法をいいます。
特許技術として長く行っています。頭皮に一切の負担を掛けることなく、大変に気持ちの良いマッサージを加えながら育毛ハーブの温水シャワーを頭皮に掛けます。
鉱泉のホルミシス効果も合わせて行います。
頭皮の活性にすばらしい効果を期待出来ます。

ボディデトックス

身体に溜まった老廃物の排泄をします。
冷え性の改善や低体温改善も出来ます。
女性の内臓の冷えは子宮に少なからずダメージを与えるものですが、冷えの改善により女性ホルモンの分泌にも貢献します。
食品添加物を知らずの内に摂取していますが、自然にはなかなか排泄しませんので、この技法により排泄を促します。
とてもリラックス出来、体が温かく楽になります。

最新科学の光エネルギーのレーザー

21世紀はレーザーの時代と言われます。
青色レーザーの事はノーベル賞を取ったことでも有名になりましたが、
白色の光りが出る事によってあらゆる光の色が出せるようになりました。
熱エネルギーが工業や医療で使われていますが、光りのエネルギーは光合成の促進などから農業や漁業に使用されています。
また、光りのエネルギーは皮膚への効用が認められていますが日本での実用化は遅れています。
皮膚の再生や痛みの軽減、神経細胞の修復に効果がありますが、まだまだこれから実用化が増えて行くことと思います。
ワールドサイエンスの育毛発毛促進用ひかりレーザーは既に世界特許を取ったものですが
、無痛無刺激、無副作用の大変に扱い安いもので安心して行うことができるものです。
光りレーザーは怖いという人は、太陽の光が怖いと言うことになりますが、とてもやさしい作用なので安全です。
光りエネルギーは紫外線や赤外線とは違います。
野菜に光りレーザーを掛けると室内で野菜が育ち、そして甘みなども強くするということも今できています。
皮膚の傷や火傷などを早く綺麗に治す研究も光りレーザーの研究が進んでいます。
ワールドサイエンスの光り育毛促進レーザーは優しく育毛改善に作用を期待出来るものです。

頭皮の育毛環境を整える重要な育毛用品

ご自宅での育毛発毛手当はとても大切で、自宅ケアにはなくてはならないアイテムです。
毎日の自宅での手当に育毛用品を使用することで驚くほど脱毛改善が可能となります。

育毛ケアシャンプー
天然成分と化学物質が無添加の育毛ケア用シャンプーです。
無刺激ですから子供から肌の弱い方までどなたにも安心して使用出来、全身を洗うことが出来ます。
最高美容液にも使用されるアミノ酸のフィッシュコラーゲンを使用し、頭皮に栄養を与えながら髪にもハリやコシ、艶を与えます。
天然ラベンダーの香りが安らぎを与えてくれます。
育毛環境を整える天然育毛ハーブを使用していますので、頭皮ストレスが改善します。
育毛サプリメント
頭皮に栄養を与えるプラセンターエキスや症状に適した育毛ハーブの育毛用ヘアローションです。
数種類の育毛ローションがあり、色々な症状に対して的確に頭皮の改善をします。
頭皮に栄養を与えることと頭皮の育毛環境を整え頭部常在菌を正常バランスにすることを目的としています。
薬品ではなく天然自然成分です。
育毛サプリメント
皮膚と腸とは大きく関係しています。
腸の善玉菌を増やす乳酸菌は腸内バランスには欠かせません。
プロバイオが善玉菌を増やし皮膚の免疫機能を高め育毛環境に貢献します。
PAGETOP
Copyright (C)ワールドサイエンス All Rights Reserved.